かき氷いろいろ INシンガポール

元々はマレーシアのデザートであったようですが、もちろんシンガポールでも一般的なかき氷、それはアイスカチャン

カシャンとは豆のことだそうです。今ではアイスカチャンといっても色々な種類があるけれど、基本はお豆がのっているかき氷のことだそうです。

無類のハーゲンダッツラバーだったネアカも、暑いこの国ではさっぱりしたアイスカチャンを食べたくなることが多くあっちコッチと食べ歩きました。

f:id:anksg:20180509122934j:plain

こちらは一般的なアイスカチャン。お皿の下に仙草ゼリーや小豆などがしかれています。その上に氷を削り、コーラ?やストロベリー?など数種類ほどのシロップがかけられます。最後には無糖の練乳と粒コーンシロップがさらにかけられて完成です。

一番最初は、粒コーンシロップも馴染みがなく、なんだか体に悪そうで食が進まなかったのですが、今ではすっかり好きになりました。

お味は、日本のかき氷ほど甘くなく、さっぱりしています。食べ進めるほどに色々な具材が出てくるので、最後まで飽きずに間食できます。

仙草ゼリーは亀甲ゼリーのようにほんの少し苦味と薬草のような香りがします。ネアカ自身は、最後にこのゼリーを食べることでより清涼感が得られて大好きです。

f:id:anksg:20180509123834j:plain

ちなみにこちら2つのアイスカチャンはISETAN地下のフードリパブリックでいただきました。この白いアイスカチャンは、ライチ&杏仁豆腐のアイスカチャン。こういう変形バージョンになると、日本のかき氷とほとんど一緒です。ですが、元々甘味が少ないので、こちらは物足りなかった1品でした。

ISETANで召し上がる方は、ぜひ王道のアイスカチャンを!

 

f:id:anksg:20180509124133j:plain

個人的に好きなのは、このチョンバル マーケットホーカーセンターのアイスカチャンです。こちらはマンゴーアンドパッションフルーツ。マンゴーソースがたっぷりかかっています。マンゴーの果肉もゴロゴロ入っています。さらにパッションフルーツの酸味が少し効いていて、とても美味しい1品。マンゴーアイスはそんなに濃厚な味ではないけれど、十分満足!

 

それから、アイスカチャンより大好きなのが、チェンドルです。

f:id:anksg:20180509124720j:plain

美味しそうで、体にも良さそうじゃないですか?(笑)

このチェンドル、シンガポールだけでなく、インドネシア、マレーシア、ベトナム等々、東南アジアの伝統的なお菓子だそうです。

緑色の細長い米粉ゼリー、小豆、かき氷、ココナッツミルク、やし糖からできています。ココナッツミルクとやし糖が程よい甘さで、ふっくらとした小豆、そしてモチっとしたゼリーが食感のなんとも言えないアクセントとなって、とっても美味なんです。

もう、一度食べた時からすっかり虜になりました。

ちなみにここのチェンドル屋さんはとっても有名で、これを食べに遠方から来る人も多いとか。

johorkaki.blogspot.com

ジョロンイーストと言われるエリアにあります。ここのホーカーは景観がマレーシア感が満載で、面白いです。シンガポールにお住いの方はもちろん、旅行で日程に余裕がある方も、電車でオーチャードから40分程度なので足を伸ばしてもいいかもしれません。ネアカも遠路はるばる行きました。

でも行った甲斐あったよって思うほど好きです♪

 

いやいや、チェンドルは食べて見たいけど遠くまではいけないよという方。もちろん他の場所でも食べることができますよ。

オーチャードの中心、TANGSの地下のフードコート。

About | Tangs Market

TANGS マーケットにチェンドル屋さんがあります。

f:id:anksg:20180509130352j:plain

TANGSのチェンドルはこちら。

やや水っぽのわかりますか?美味しさで言ったら、断然ジョロンイーストの方ですが、

こちらも十分美味しいです。

お買い物の合間にサクッとチェンドル試したい方にはうってつけなんじゃないでしょうか。