シンガポールのローカル美容院 INリトルインディア

駐妻、白髪体質です。はい。

同世代では白髪がない人も沢山いるんですが、心から羨ましい〜。

白髪って少しでもあると目立つし、頻繁なメンテナンスが必要なんですぅぅ。

まあそれが自分なので、嘆いても仕方なく、なるべく髪に負担がないような方法を探して来ました。

シンガポールに来てから、髪のカラーリングは、もっぱらヘナという自然なもので染めるようになりました。

anksg.hatenablog.com

前述しました、こちらが前回の記録です。

ここから2カ月余り。また白髪が目立ち始めたので、再びリトルインディアにやって来ました。

インド系の美容院、予約の必要性がないので、直接お店に行きます。

f:id:anksg:20180209154752j:plain

ついでにテッカセンターをブラりんこ。魚の生臭い匂いが大丈夫なら楽しいマーケットです。

f:id:anksg:20180209154900j:plain

小さい子の洋服も可愛い。10SGDくらいで購入できるみたいなので、ワンタイムだとしても記念写真にいいかも。

なんて、ぶらりした後は、1階に行きます。テッカセンターの1階には道沿いに色んな美容院があります。1件1件おいくらか聞いて周ります。

駐妻は鎖骨くらいの長さ。これまでの経験で45から50SGDくらいが目安とみていました。高いところだと65SGDと言われたり。

そんなこんなで、外から一生懸命施術しているのが見えたお店にしました。

f:id:anksg:20180209155302j:plain

今回は

www.yelp.com.sg

こちらです。

こちらのお店、かなりローカル感満載です。

f:id:anksg:20180209155633j:plain

f:id:anksg:20180209155658j:plain

お店の中はこんな感じ。潔癖の人はいかない方が懸命です。

駐妻、ザルなので大丈夫です。

着替えを渡され、着替えた後は、ヘナを塗って行きます。

が、割と塗り方はアバウトです。

全てに塗った後、前回のようにおかまにPONされます。

15分後。おかまから脱出したのちは1時間待つように言われます。

ヘナは割と長く待つ必要があるので、これは当然のようです。

待っている間も、世間話をしてくれたり、サービスでビンディ(額につける赤い点)シールをつけてくれたり

顔毛を綺麗にしに来たりする他のお客さんを見てたりと飽きません。

この顔毛を綺麗にするのは「スレディング」と言われ、糸を使って抜いていく方法です。インドでは一般的な様子で、どのこ美容室でのやっています。

他のお客様の様子を見ていたら、ビンディは今や全てシール様で、顔毛剃るときは一旦外し、携帯ケースなんかに付けて、終わったらまた額に戻すっていうことをしていました。

興味深いわー。

と脱線しましたが、1時間待った後はシャンプーです。前回の美容院では有無を言わさず、水でしたが、今回はどっちがいいかと聞いてくれました。もちろんお湯を選択しました!

f:id:anksg:20180209160544j:plain

シャンプー台はこちら。許容範囲かどうかはあなた次第です❤️

ここでもやっぱり後頭部を洗うときは自分で頭をあげなくてはなりません。

シャンプー後、前回ブローが不本意な結果となったので、今回は細かく要望を言い、

写真も見せました。

ブローとは言い難い感じでした(笑)

今回のお店、とっても人がよく居心地よかったのですが、施術が割とアバウトなので染まり上がりは、前回のINDIGOの方が綺麗でした。

ただ、INDIGOは懸命なセールストークがあるので、どっちもどっちかな。

 

また他のところも行ってみようと思います。

駐妻と一緒でザルな方にはおすすめなお店でした♪

お値段は鎖骨下レングス、フルのヘナカラーで50SGDでした。

 

こちらのお店、スレディングやヘナタトゥーもやっているのでそれはもっといいかもしれません。