シンガポール de 英会話学校・英会話スクール ②

 

f:id:anksg:20171222120539j:plain

 

現在、Raffles Hotelは改装中。でも、ギフトショップはホテルの近くで営業中です。

先日、夫の会社でのクリスマスパーティー用のプレゼントを購入しに行きました。

金額の縛りがあったので、ここでしか買えないのもだったら付加価値がついて喜んでいただけるかな?と思って買いに出たのでした。

10ー20SGDも出せば、ちょっとしたプレゼントに最適なものが沢山あります♪

 

シンガポールの英会話学校・英会話スクールの続きです。

2)Berlitz

有名なベルリッツにももちろん行きました。ここも日本人の受付の方がいらっしゃるので予約も安心して取ることができました。

レベルチェックと体験レッスンは一体型です。アメリカ人の先生と会話をしながら、できるだけ文章で答えることで英語力を確認して貰います。

結果はlevel2-3(10段階中)。がーーーーーーーん。

落ち込んでいる私に、受付の方が「ほとんど主婦の方は1−2ですから大丈夫」と優しいお言葉。は、はい。頑張ります。

先生の授業は、多岐にわたり楽しいものでした。例えば、

「シンガポールの“シ”ははっきり発音してね。もしsheと同じ発音で言ったら、

“大阪”を“オオシャカ”と言うのと同じだよ。ちょっと気持ち悪いでしょ」と。

確かに笑。わかりやすいですよね?

また、ここは大手だけあって、転勤等でレッスンが消化できない場合(前払い制度)、違う国でも残りのレッスンを受けることができるそうです。

転勤族にとってこれは魅力的!!大体の国にあるし!

 

ただ、ここでは「あなたは語彙はあるが、文法はイマイチ」という評価でした。

沢山行った体験レッスンでこの評価はBerlitzだけ。

他の英会話学校は「語彙はないが、文法はOK」という評価。←自己評価もこっち。

うーん。腑に落ちなかったけど

そもそもどちらも大した力はないので仕方ないでしょうか。

評価が違うと、指導方法も変わってくると思うでの気になる点でした。

 

3)GEOS

ここもよく知られた大手。実はベルリッツに行った時に「GEOSには行きましたか?よく比較される方が多いので」と言われて、“そっか、GEOSもあるのか。いってみよう”と思って予約をしました。もちろんこちらにも日本の受付の方がいらして、アポイントは簡単に取れます。

ただし、ここはレベルチェックは無く体験レッスン(有料)です。私はマンツーマンを希望したので85SGD/hかかりました。ほとんどのところが無料なので、ちょっとびっくり。でも、体験レッスン前に先生タイプの希望を聞いてくれて、アレンジしてくれたりと細やかなサービスはあります。

ここの先生、大好きでした。luke先生という方だったのですが、この先生、とっても性格の良い穏やかな先生です。言葉が出るのに時間がかかる時でもじっくりと待ってくれます。また、主夫をしていたこともあるそうで、シンガポールの美味しいお肉屋さん、便利なスーパー、オススメのレストランなど教えてくれて、英語も学びつつ主婦トークを楽しみました。英語を学ぶにしても、1時間じっくり話すわけなので、話があうことはとっても重要!!ですよね?

楽しく英語を学べて、久しぶりに友人と話したようなほっこりした気分になって帰宅。

 

2校を比較すると、Berlitzの方が雰囲気的にビジネススタイルが強く、GEOSの方がカジュアルでした。システム的にはberlitzの方が確立されているかな。。

 

続く