駐妻 手術を受けてきた INシンガポール

こんにちは

ネアカです。この間、ちょっとした体に問題があり、手術してきました。

手術といっても日帰り手術「Day Surgery」なので深刻なことではなかったのですが。

受けたのは、大きなローカル私立総合病院。

迎えました手術当日。ノーメイク、ノーアクセサリー、コンタクトもせずメガネ姿で向かいます。当日朝より絶飲食なので、お腹もペコペコです。

病院到着後、いつもかかっている外来の受付にまず行きます。

外来ナースより手術の内容、リスクが説明されて同意書にサインします。

その後、ナースに連れられて「Surgery cordinarter」のところへ行きました。

このサージャリーコーディネーターってあんまり日本にはいないんじゃないでしょうか。基本の資格は何かな。ナースかな?

サージャリーコーディネーターの部屋で、血圧、酸素飽和度、鼓膜温を測定します。

更に、これまでの既往歴、家族歴など細かく記入します。合計4枚くらい。

この書類例えば、

心臓に関わること「高血圧、高脂血症、狭心症はあるかなど」

肺、肝臓、膵臓に関わること「喫煙歴はあるか、脂肪肝、糖尿病はあるかなどなど」

頭に関すること「脳卒中の既往はあるかなどなど」

感染症に関わること「輸血歴はあるか、結核の既往、ABC型肝炎はあるか」など

精神に関すること「精神疾患の既往はあるか、睡眠薬は服用しているか」など

専門用語がズラっと並んでいます。ネアカは、英語はあまりできないのですが、こっち系の話は好きで語彙はあったので問題なく記入することができました。

ネアカよりも英語ができても、テクニカルタームが分からなかったり、英語が全くできない方は通訳をつけれれるので付けてもいいかもしれません。

時間に余裕があればその場で調べながら書いても急かされないでしょう。

ここでも、自分の書いた書類に関してサインします。

終わったら、やっと連れてこられました、「Day Surgery」セクション。

ここの受付では、支払いに関する保証書面にサインさせられます。

ネアカ、元々いつも掛かっている外来受付に、クレジットカードのコピー等諸々出していましたが、ここで改めて保険でカバーできなかった時のためにクレジットカードコピーの提出、DP、保険会社のカードの提出を求められました。

外来部門と連動してないんだ。。ちょっと面倒だよね。

そしてやーーーーと、ナース登場。リカバリー室兼手術待機部屋に案内されました。

仕事の合間に着いていてくれたネアカ夫とはここでバイバイです。

ネアカ夫は一旦会社に戻ります。

少し広めのストレッチャーベッドが10台くらいとトイレがある部屋です。

ここでもまた、本日の手術内容、体内にあるインプラント(歯含む)の有無の確認、移動の時は必ずナースを呼ぶこと(転倒防止)など書いた同意書にサインします。

ここまでくるのに10枚はサインしただろう。大変だけど、でもちゃんとしている。

ここで手術の後の軽食が何がいいか聞かれました。

コールドサンドウィッチで、具(ハム、ツナ、チーズ、野菜等)パンの種類(ブラウン、ホワイトなど)聞かれます。

ネアカ、ツナのブラウンライスパンでお願いします。

f:id:anksg:20180215172139j:plain

ベッドと消灯台。ここで病院から渡される服に着替える様に言われます。

f:id:anksg:20180215172334j:plain

着替えました。明るい色でなかなか可愛いではないか!

荷物はピンナンバーを設定できるロッカーに預ける様に言われました。

ここでまたしばらく待ちます。なぜなら、いつも診察を受けているDrが、外来の合間に手術にくるので、いつも時間が押すそうです。

携帯をいじりながら、呼ばれるのを待ちます。約束の時間は14時でしたが15時くらいまで待ったかな。本でも持って行ったらよかったなー。

しばらくしたら呼ばれた様で、ナースが手術室にいくよと迎えにきます。

歩けますが、ベッドのまま運ばれます。なかなか過保護。日本だったらあるかされるかも笑。

手術室ナースに引き渡されて、手術室直前の待機部屋に入ります。

ここでまた血圧測定。また、これまでのメディカルヒストリー一連と体内の挿入物を聞かれます。

またまたしばらく待機したら、手術室に入りました。この時メガネ外して行かなくちゃ行けなかったから、全然周りが見えなかったのが残念。

ナース4人、きっと内視鏡検査技師と思われる技師が1人。手術台にスタッフによって移動させられます。

心電図等付けられます。そのまましばらく待機。ここも長かったよー30分くらいは待ったんじゃないかなー。

そしてやっと麻酔科医登場。また糖尿病があるか、これまでの手術歴、アレルギー等確認されます。

左手手背に1本注射用のラインを取られました。上手!痛くなかった。さすが麻酔科医。

とやっと主治医登場。簡単な挨拶をして始まります。

とったラインから薬が入り、マスクを装着するとものの数秒で寝ました笑。

麻酔ってすごいですね。麻酔の導入の時ってどんな感じだろうと関心があったので、貴重な体験でした!この後はもちろんなんの記憶もありません。

 

 

ポンポン終わったよと麻酔科医に話しかけられたら、もう移動用のベッドの上でした。

30分くらいで終了したんじゃないでしょうか。

手術室直後のリカバリー室でしばらく待機。ここではまだかなりウトウトしてました。

数分おきに血圧が図られ、酸素飽和度もモニタリングされています。

ナースはベッドサイドから離れず。

だいぶ目が開く様になり、はっきりしたら元の部屋に戻されました。この時17時。

元の部屋に戻った後も自動で5分おきに血圧測定、酸素飽和度は測定されます。

しばらく寝てなさいといわれます。ネアカ、ぱっちり目覚めちゃいまして、目を開けてたら、ナースから怒られました。

休まないと体に悪いよ!寝るのが一番の薬なんだから!!

は、はい。と無理やり寝ます。途中、薬剤師がきて帰ってから飲む薬を持って来てくれ、説明してくれます。笑顔なし(笑)やや機械的で怖い印象。まあこんなものでしょう。

 

1.5時間後、ヨシヨシネタね。と言われ軽食が運ばれてきました。

軽食食べたら携帯持ってくるから、ハズバンドに無事終わったよと連絡しなさいと言われます。はーい。お腹すいたよーーーーー。

ワクワク食べ始めようとしたら、仕事を終えてネアカ夫が来てくれました。

ナイスタイミング!

f:id:anksg:20180215175814j:plain

食事はこれ。希望通りのツナブラウンライスパンです。

飲み物は紅茶かコーヒーか選べました。こちらコーヒー。病院食でコーヒー出るのが海外っぽい。日本なら牛乳とお茶とかでそう。

写真撮ってたら、あまり撮らないでと怒られました笑。

食べ終わったら、ナースがきてくれます。

食べるの早いね!と驚かれます。だってお腹ペコペコだったのよ。

トイレに行って排尿確認できたら帰れるよと言われ、すぐさまトイレへ。ふらつくこともなく歩行できました。

着替えて、受付で日常生活の注意事項と次回の外来予約を言い渡され帰宅。

 

今回のこの手術。日本円で計算すると約90万円。高!

なんせ入院するお部屋代(といっても日帰り)が40万円。高!

シンガポールではDrによってお値段違うんですね。先生に払う代金も中々のものでした。

会社の保険でカバーできたものの、実費だったらかなり痛いですね。

きっと日本の方が安いでしょう。

f:id:anksg:20180215181307j:plain

薬は抗生剤、胃腸薬、頓服の痛み止めです。

 

中々貴重な体験でした。そんなにヘビーな状況でなかったのでかけるわけですが。

日本と大きな違いはないものの、スタッフが細分化されてよりシステマチックだったこと、ベッドのリネンや病室のカーテン等ディスポーザブル形式のものが多かったことが印象的でした。

薬剤師以外、ナースドクターは笑顔で時折ギャグも交えながら、リラックスさせてくれました。

 

とりあえず

術後の高い治療費の割に貧相なサンドウィッチが

超絶美味でした。

お腹ペコペコだったので。

 

 

エアショーへ行って来た 2018 INシンガポール

おはようございます。

駐妻、ブログを書いていることを家族にしか伝えていません。

そんな貴重な読者の家族から自分のことを「駐妻」と名乗るのはイマイチとの指摘がありました。うーん、確かに。特に深く考えて名乗っていたわけでは無いので、折角の指摘を頂いたので、今日からネアカと名乗ることにします。

細々と書いているこのブログ。なるべく正確な情報と嘘は書かないことをモットーにしております。

そんなブログにも毎日アクセスしてくださる方が、徐々に増えてありがたい限りです。

ありがとうございます。

 

 

どうも、ネアカです。

さて

2年に一回開催されているシンガポールエアショー。

2018年の開催期間は終わってしまいました。

が、また再来年開催されると思うので、参考までにブログ書いておこうと思います。

結論から言うと、とってーも楽しかったです。特にネアカ夫は、ものすごくエンジョイにていました。

このエアショーのチケット、SISTICというチケットぴあの様なところから購入することができます。

Singapore Airshow 2018 | Asia’s Biggest For Aviation’s Finest

「sinapore airshow(次回は2020)」で検索するとオフィシャルサイトが出て来ますので、そこからチケットという項目を選んでチケット購入サイトへ行くことができます。WEB上でも購入可能ですから、シンガポール国外からでも簡単に購入できます。

ネアカ夫婦は、ウェブ上で購入し、事前にチケットセンターへ受け取りにいくことにしました。受け取り場所も、当日会場でという選択もできます。

SISTICの支店は島内にたくさんあります。

Locate an Authorised Agent

ただし、開店時間は支店により違います。またマリーナベイサンズなどは受け取りができるチケット種類が限定されている様です。

 

エアショー当日。

9時から開店している支店「CAPTIOL」へチケット受け取りに来ました。

10:30AM

f:id:anksg:20180214104622j:plain

地下1階のチケット売り場へ。

f:id:anksg:20180214104710j:plain

f:id:anksg:20180214104740j:plain

ぎゃーーー!めっちゃ並んでる!!!!

が、並ぶしかない。待つこと30分。

f:id:anksg:20180214105032j:plain

やっと受け取れました!

多くの支店が11時開店のため、早く開店するこの支店、混んでいたものと思われます。

チケットは大人25SGD /人(シャトルバス込み)。

喜び勇んでシャトルバスの出ているEXPOの駅まで行きます。EXPOはチャンギ空港の1つ手前の駅になります。

EXPOに着いたら、案内に従いシャトルバス乗り場へ。

f:id:anksg:20180214105510j:plain

ここでチケットを提示。ここでのチケット提示が最初で最後でした。

ちなみに、これから乗るシャトルバスが結構時間長め(20−25分くらい)、会場に着いてしまうとお手洗いが混んでいる&仮設トイレが増えるので、チケット提示後に中にあるトイレに行っておいたほうが懸命です。

12:00手前約15分ほど待ってからバスに乗り込みます。

バスはどんどん来ますが、中々人数を1台に詰め込まれ25分ほど揺られて会場へ!

f:id:anksg:20180214110020j:plain

着いたーーーー!!暑い(笑)

右手の建物の中には世界の企業ブースが出ていました。

f:id:anksg:20180214110203j:plainドローンだ!

f:id:anksg:20180214110318j:plain

屋外には戦闘機、民間機のたくさんの展示。

f:id:anksg:20180214110413j:plain

日本の基地から米軍がきていました。サムライが書いてあります。

この戦闘機、中も見学することができました。待つこと20分。

f:id:anksg:20180214110541j:plain

コックピット

f:id:anksg:20180214110617j:plain

f:id:anksg:20180214110710j:plain

簡易ベッドや

f:id:anksg:20180214110743j:plain

小さなキッチンなど。

興味深い!中には米兵が待機していて、質問すると答えてくれます。写真も一緒にとってくれます。

この戦闘機、かなり古い様でした。

新しい戦闘機は、軍事機密がいっぱいなのでしょう、内部の見学はできませんでした。

 

もちろん展示だけでなく航空ショーもあります。

チケットにもショーの時間は明記され、もちろんオフィシャルサイトにも出ています。

この日は11:30−12:00、14:30−15:00の2回開催。

f:id:anksg:20180214111039j:plain

f:id:anksg:20180214111102j:plain

写真だと遠く感じてしまうけれども、実際は近くに見えて音も大きく

かなり迫力満点なショーでした!!!

ただ、めっちゃ暑いです。。

f:id:anksg:20180214111340j:plain

後ろにあるこの建物2階で屋根の下見るのが正解だったかもしれません。

ネアカ、熱中症になるかと思いました(爆)

あまりの暑さにショーの途中で帰宅することに。

同じ様に考える人は多く、

f:id:anksg:20180214111723j:plain

帰りのシャトルバスもおよそ20分待ちでした。

タクシーもあります。

 

楽しかったですが、暑さが厳しかったです。

早めの午前中に行き、お昼すぎには帰宅するのが正解かもしれません。

そして日傘、帽子など太陽対策と

お水が必需です。(水、ジュース、アイスは売店がたくさん出ています)

 

ネアカ夫婦、全くノープランで行きまして、日焼けで顔痛くなりました。

ネアカ夫は現在脱皮中です。

 

シンガポールエアショー2018

一般公開2/10ー2/11 朝9:30ー17:00

シャトルバス:朝8:30ー18:00時 随時発車(ラストバスは会場から)

場所:チャンギエキシビションセンター

大人:25SGD  (シャトルバス込み)

熱中症対策を万全に

 

駐妻 教えたい!安くて美味しいステーキ屋さんを発見する IN シンガポール

お肉食べたい!!

朝から連呼した日。それもステーキ!刺しがたっぷりの和牛ステーキではなく、赤身のステーキが食べたいの!

ネットで検索したら、良さそうなお店がありましたよ。

早速行ってみました。場所は、ブギス駅を背にしてアラブストリートを2ブロックほど進んだあたりにあります。

f:id:anksg:20180212093145j:plain

ここです。

The Royals Steak House

royalcakes.com

こちらのお店、普通の通りに面しているので、特に場所は隠れていないのです。が、この店構から想像するよりずっと美味しいステーキを食べられるので、隠れ家的なカテゴリーにも入れました。

f:id:anksg:20180212095114j:plain

店内。おしゃれねー。今時のカフェ風だわ。それもそのはず、元々はカフェとして始まり、今はステーキハウスでもあるようです。

オープンキッチンで奥に長い作り。広さはないので、中の席は20人強でいっぱいになります。外のテラス席は4名席が2つ。

駐妻が来店した時間は16時と中途半端な時間でしたが、4組は来ていました。

f:id:anksg:20180212095647j:plain

メニューはこれ。これまたおしゃれです。

f:id:anksg:20180212095818j:plain

メインはこちら。ミディアムウェルに焼いた750gのお肉です。

ちなみにこれ2人で食べましたよ。1人じゃないですよ(笑)

このステーキ、本当に美味しかったんです。

外はカリっと、中はジューシーで程よく弾力があり旨味たっぷりステーキ。付け合わせのソースは、ペッパー、オニオン、マッシュルームソースがありましたが、ソースなしでもお肉の味が濃く充分美味しいです。

また炭火焼ではないですが、火力の強い鉄板で仕上げてあり、外のカリカリ感たまらん。

駐夫曰く、ここの脂身は口の中でスッと溶けて味がしっかりしている美味しいものなんだとか。脂身苦手な駐妻は見ただけです。。

付け合わせはグリーンサラダとマッシュポテト。グリーンサラダはほんのりハニーが効いたさっぱりとした味わいでお肉にあうー。マッシュポテトはさっぱり系です。駐妻、マッシュポテトはクリームとバターたっぷりの濃厚タイプが好きなので、ここのは好みじゃなかったです。

でも、お肉が美味しかったからモーマンタイ!

f:id:anksg:20180212100654j:plain

別途でフレンチフライもオーダーしました。

このフレンチフライ、おそらく手作りではなく冷凍かなと思うのですが、

綺麗な油で揚げてるようで、油臭さがなく、外カリっと中はホクホクに上がっていて、熱々の揚げたても、時間が経ってからも美味しーーー。

チリソースがついて来ますが、マヨネーズも頼んだらちゃんと出してくれました。

f:id:anksg:20180212100931j:plain

飲み物はこちら。大きなジャーグラスでくるのが嬉しい!

シアトル系の美味しいカフェラテでした!

 

大満足のご飯はこれで合計108SGD。

(およそ)

ステーキ78SGD

フレンチフライ20SGD

飲み物各5−5.5SGD

コスパがいいです。

ここの良いとこは

美味しい、そしてコスパがいい!

それから終日オープンしているので中途半端な時間でも、本格ステーキが食べられる!

ことです。

また、ケーキも人気なようで、レストランで食事する人以外にもケーキのpick upに来ている方もいました。口コミを見るとケーキも美味しいようですよ。

それから、こちらのお店はハラルです。

なので、多国籍の人たちと食事するときは、ここのお店に来たら気にせずなんでもオーダーできます。

駐妻が来店したときは、駐妻夫婦以外はハラルを召し上がる方ばかりでした。

日本人と会いたくない時も(笑)いいかもしれません。

 

ここいいお店だなと思っていたら、席に続々とRESARVEの札が置かれていたので、ランチタイムやディナータイムの時間帯は予約した方が良いようです。

 

1人ご飯にも、デートにも、子連れにも、年配の方との食事にもおすすめ。

ただ、入り口に3段くらいの階段はあります。そんなに高くないから問題になることは少ないかもしれません。

 

美味しかった。

お肉食べると元気になるね!

今日も爆走!

シンガポールのローカル美容院 INリトルインディア

駐妻、白髪体質です。はい。

同世代では白髪がない人も沢山いるんですが、心から羨ましい〜。

白髪って少しでもあると目立つし、頻繁なメンテナンスが必要なんですぅぅ。

まあそれが自分なので、嘆いても仕方なく、なるべく髪に負担がないような方法を探して来ました。

シンガポールに来てから、髪のカラーリングは、もっぱらヘナという自然なもので染めるようになりました。

anksg.hatenablog.com

前述しました、こちらが前回の記録です。

ここから2カ月余り。また白髪が目立ち始めたので、再びリトルインディアにやって来ました。

インド系の美容院、予約の必要性がないので、直接お店に行きます。

f:id:anksg:20180209154752j:plain

ついでにテッカセンターをブラりんこ。魚の生臭い匂いが大丈夫なら楽しいマーケットです。

f:id:anksg:20180209154900j:plain

小さい子の洋服も可愛い。10SGDくらいで購入できるみたいなので、ワンタイムだとしても記念写真にいいかも。

なんて、ぶらりした後は、1階に行きます。テッカセンターの1階には道沿いに色んな美容院があります。1件1件おいくらか聞いて周ります。

駐妻は鎖骨くらいの長さ。これまでの経験で45から50SGDくらいが目安とみていました。高いところだと65SGDと言われたり。

そんなこんなで、外から一生懸命施術しているのが見えたお店にしました。

f:id:anksg:20180209155302j:plain

今回は

www.yelp.com.sg

こちらです。

こちらのお店、かなりローカル感満載です。

f:id:anksg:20180209155633j:plain

f:id:anksg:20180209155658j:plain

お店の中はこんな感じ。潔癖の人はいかない方が懸命です。

駐妻、ザルなので大丈夫です。

着替えを渡され、着替えた後は、ヘナを塗って行きます。

が、割と塗り方はアバウトです。

全てに塗った後、前回のようにおかまにPONされます。

15分後。おかまから脱出したのちは1時間待つように言われます。

ヘナは割と長く待つ必要があるので、これは当然のようです。

待っている間も、世間話をしてくれたり、サービスでビンディ(額につける赤い点)シールをつけてくれたり

顔毛を綺麗にしに来たりする他のお客さんを見てたりと飽きません。

この顔毛を綺麗にするのは「スレディング」と言われ、糸を使って抜いていく方法です。インドでは一般的な様子で、どのこ美容室でのやっています。

他のお客様の様子を見ていたら、ビンディは今や全てシール様で、顔毛剃るときは一旦外し、携帯ケースなんかに付けて、終わったらまた額に戻すっていうことをしていました。

興味深いわー。

と脱線しましたが、1時間待った後はシャンプーです。前回の美容院では有無を言わさず、水でしたが、今回はどっちがいいかと聞いてくれました。もちろんお湯を選択しました!

f:id:anksg:20180209160544j:plain

シャンプー台はこちら。許容範囲かどうかはあなた次第です❤️

ここでもやっぱり後頭部を洗うときは自分で頭をあげなくてはなりません。

シャンプー後、前回ブローが不本意な結果となったので、今回は細かく要望を言い、

写真も見せました。

ブローとは言い難い感じでした(笑)

今回のお店、とっても人がよく居心地よかったのですが、施術が割とアバウトなので染まり上がりは、前回のINDIGOの方が綺麗でした。

ただ、INDIGOは懸命なセールストークがあるので、どっちもどっちかな。

 

また他のところも行ってみようと思います。

駐妻と一緒でザルな方にはおすすめなお店でした♪

お値段は鎖骨下レングス、フルのヘナカラーで50SGDでした。

 

こちらのお店、スレディングやヘナタトゥーもやっているのでそれはもっといいかもしれません。

観光にもオススメ 魅力たっぷりな街 Tiong Bahru INシンガポール

チョンバル またはティオンバルと言われます、この街。

駐妻、心から大好きです。

オーチャードからバスで10分程度。ぜひ、足を伸ばして頂きたいなと思います。

いつもはチョンバル マーケットと言われる市場に足を運ぶことが殆どですが、時間があるときはゆっくり町散策しています。

以前は下町だったここ、今はおしゃれなお店がたくさんできて人気の街になっています。

ほんの少し歩くだけで

f:id:anksg:20180208094344j:plain

素敵なお花やさんがあったり、雑貨屋さんがあったり

f:id:anksg:20180208094422j:plain

ここのグルーミングのお店も良さそうだなあ。

f:id:anksg:20180208094522j:plain

こちらは、道教ですか?丁度、お祈りされているところでした。

こんな風に古きと新しきが混在してとても興味深い街です。

ちなみに以前書いたパオやさんもこの街にあります。

anksg.hatenablog.com

 

と、脱線しましたが、実は今日の街散策の目的は名前シール作成!なのです。

この間、友人家族が遊びに来てくれ、何か良いお土産はないかと思案しました。シンガポールにはこれ!っていうほどのお土産がありません。美味しいものは日本にもたくさんあるしなー。

なので、かさばらない名前シールは面白いお土産になるかもしれません。

また、小さい子がいる友人家族。ちょうど春から保育園に入園するとのこと。

子供の荷物にたくさん名前を書かなくてはならないだろうし、名前シールがあればやや助かるかもしれないとの思いもありました。

ということで、はい!来ました!その名もSticker Stampです。

Contact | StickerStamp

チョンバル ベーカリーの近くにあるこちら。

f:id:anksg:20180208095710j:plain

外から見るとTシャツとコピー機が目印です。

「Hello ! Id like to〜」と言いかけると「Sticker?」と聞かれます。

そうそう。と答えるとテーブルの上にあるファイルを見て好きなものを探せと言われます。

f:id:anksg:20180208100403j:plain

キラキラベースのサンリオキャラのシール。女の子は喜ぶかなー。

こんなサンリオからディズニーキャラクター、なんとかレンジャーやらトーマスやらとにかくいっぱーい種類があります。

 

f:id:anksg:20180208100708j:plain

駐妻はこんなシンプルな方が好みです。

f:id:anksg:20180208100755j:plain

名前だけでなく、他の情報も入れることも可能。

シールを選んだら

f:id:anksg:20180208100955j:plain

フォントと文字の色を選ぶことができます。

選んだら、仮に印字してくれるので仕上がりを確認できるのも嬉しい。

すぐに印字してくれるので作業自体はものの5分程度です。

旅行の合間にもサクッと作成できますよ♪

今回はキャラクターシールで作成して7SGD /50枚でした♪ お財布にも優しい!

 

こちらのお店、シール作成だけでなく、色んな印刷物を手がけてます。

名刺作成やTシャツの印字などもできます。大きな物の印刷もできるでしょう。巨大な印刷機ありました。

f:id:anksg:20180208101702j:plain

セルフコピー機もありました!ここ空いていていいかもしれない!

データ印刷ももちろん可能♪

また来よう!

 

ちなみにケチな倹約家の駐妻、上記したおしゃれなお花やさんでは買いません。

高そうだもの。。お花は大体、チョンバル マーケットで買ってます。

 

f:id:anksg:20180208102115j:plain

チョンバル マーケットでは1つのブーケで3SGD。激安!

チョンバル マーケットのことも通って詳しくなったので、近々書きたいなと思います。

 

にしても、住みやすい国です。

ありがとう!シンガポール!

 

アテンドにもおすすめ 駐妻 DUCKツアーを楽しむ INシンガポール

友人家族が遊びにきてくれたので、アテンドしました。

ずっと気になっていたDUCKツアーについに参加!

DUCKツアーとは、水陸両用車での1時間の観光ツアーです。

www.singaporeducktours.com

ツアー参加当日、ネット予約しようとするとどこのサイトからもいっぱい。

がーん。なんでもやることが遅いです。。

仕方なくダックツアーカウンターに電話をすると空いてるよ!とのこと。

やったー!電話で人数、時間と名前を伝えて予約しました。

ツアー開始30分前に来るようにアナウンスされていますが、アバウトなシンガポール、レストランの予約でさえ通っていないことがあるので、念のために開始45分前には行きました。

 

乗る場所は、サンテックシティーにあります。DUCKカウンターを探せばすぐに見つかると思います。カウンターにてチケットを受け取るとD1の列で待てとの指示があったので並んで待ちます。

f:id:anksg:20180206174831j:plain

ツアー開始20分前にはほとんどの人が来ていたようでした。

待っていると

f:id:anksg:20180206174932j:plain

来ました!!!わー!楽しみ!一気に興奮度が上がります。

前に並んだ人からの乗り込みなので、好きな席に座りたかったら30分前には来て並ぶ事をおすすめします。

2番目に並んでいた駐妻チーム。

f:id:anksg:20180206175159j:plain

座りたかった左側一番前の席と二番目の席を無事にゲット!

一番前だと運転席がしっかり見えます。アナウンスのおじちゃんは真隣に座ります。

小さい男の子なんかは一番前喜びそう♫

街中を進んで、途中から水の中に。ざぶーん!と入ります。

ナレーターのおじちゃんから、左側1番前と2番目の人は濡れるよと言われましたが

すごく濡れました。

ちなみに左側の席に座ってる人、後ろの人までかなり濡れてました。

まあ、割とすぐに乾きましたが。着替えまではいらないです。

f:id:anksg:20180206175514j:plain

f:id:anksg:20180206175543j:plain

ガーデンズバイザベイやマリーナベイサンズも違う角度から見れて楽しかったな♫

マーライオンも目の前を通りますが、工事中でした(残念)

マリーナの金融街のビルも見えるので色んな会社の建物を観察するのも楽しいです。

f:id:anksg:20180206180142j:plain

 

こんな感じでマリーナエリアをぐるっと。帰りは元の場所まで戻ります。

いやー楽しかった!!

しかし、1時間のツアーの触れ込みですが、

45分で終わりました。(ちょっとだけ怒)

でも、また行ってもいいなと思います。違う景色が楽しめますよ。

 

このDUCKツアー2種類あります。

バス形状は一緒ですが、もう一つの方は、バスにDUCKの顔が書いてありません。

しかし10SGDお安いです。なので、安い方のツアーの方が売り切れが早いようです。

駐妻は、お安い方のDUCKツアーは当日は買えませんでした。

DUCKの顔が書いてある方のツアー↓

www.singaporeducktours.com

DUCKの顔が無い方のツアー↓

www.citytours.sg

 

ただし、顔が書いてある方のツアーも

前日まで予約でExpediaだと数百円お安くなったり、(USドル表記)

www.expedia.com

SQ(シンガポール航空)でこちらに来られた場合は、航空券の半券を持っていくと10%ディスカウントされたりするようです。

http://www.singaporeair.com/microsite/global/BPP/sg-attractions-ducknhippo.html

 

とりあえず前日までに予約した方が色々お得です。

駐妻、正規料金で乗りました(爆)

 

大人43SGD 2歳以下10SGDでした。(子供33SGD)

 

駐妻 たまには本物のお寿司が食べたい INシンガポール

よく聞かれる

焼肉とお寿司どっちが好き?

駐妻、全力で両方!です。

ここシンガポールでは何でも手に入るし、お刺身も簡単に買えます。

勿論、スーパーで買うお刺身も美味しいです。

たまには本当ーーーに美味しいお寿司食べたくなりませんか?

 

そんなこんなで行って来ました。

すし みつや です。

www.sushimitsuya.com

 

f:id:anksg:20180201112323j:plain

 チャイナタウンにあるみつや

f:id:anksg:20180201112359j:plain

入り口は小さめですが、奥深い作りになっています。

f:id:anksg:20180201112722j:plain

落ち着いたカウンター席。駐妻。お寿司屋さんに限らずカウンター席大好きです。

シェフの動きって見てるととても楽しいですよね。

いつもランチに行っています。そして決まってシェフのおまかせコースをオーダー。

先付けから始まり、握りまで。どれもとても美味しいです。

f:id:anksg:20180201113129j:plain

綺麗な握り達でしょう?シャリも口に入れた瞬間にホロっとほぐれてかなり好みです。

卵焼きも甘くて美味しいです。切る前のふんわり焼けたところは必見です!

柚子や山椒、生姜など薬味を効かせたメニューが多いのも、駐妻はとても好みです。

f:id:anksg:20180201113308j:plain

握り以外もイカの天ぷらなんかもとっても美味。

来星してしばらく後、疲れがでた頃に行った時は

ここのお寿司でかなり元気になりました!

握ってもらうのはいつも 

SEANさんというチャイニーズのスーシェフと思われる方です。

少し日本語もできて、お料理の説明は綺麗な日本語です。

このSEANさんが大好き!

まず、握りが好みというのが第一。他の仕事を見ていても丁寧で綺麗です。

後は、話しかければ丁重に答えてくれるけど

無駄に話しかけてこないです。これ、駐妻にとって重要です。

美味しいものは落ち着いてゆっくりいただきだい〜。

シェフは日本人男性。

他のお客さんと接するのをみると、シェフはお話し好きタイプのようです。

駐妻夫婦にはSEANさんと相性が良いです。

たくさんお話ししたい方は、シェフ指名が良いかもしれません。

 

f:id:anksg:20180201114311j:plain

食事が終わってゆっくりしてたらSEANさんがお魚の整理を始めました。

こういうのを見るのも興味深い。綺麗なお魚達。

 

ちなみにシェフのおまかせコース。掲載した写真以外にもたくさん出てきます。

食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れるのーごめんなさい。

美味しいので連続して行きたくなりますが、メニューは大きく変化しないので、

あんまり頻繁に行くと飽きます(駐妻の場合)

たまに行くのがいいかもしれません。

ランチタイムのシェフのおまかせは180SGD。

チラシは50SGD 握りのセットは60SGDからあります。

ディナーは130から300SGDのコース。

 

念のため、電話してから行きますが、13時くらいから席が埋まり始めるので

その前なら予約しなくでも確実と思います。

いつも満席ではないです。

この感じも駐妻好み〜。

 

お子様連れにも 夫婦にも 女子会にも

デートで連れてきてもらっても嬉しいと思います。

 

シンガポール、ホーカーご飯から質の高いお寿司までなんでもあって暮らしやすいです。

ありがとう!シンガポール!